2012年1月7日土曜日

PS Vita GPSとメモリーカードそれから

冬休み帰省にあわせてVitaの位置情報関連をいろいろ試してみようと楽しみだったのだが…。
どうも新幹線移動中にGPSでの位置情報が取れなくなってしまったようで、なんともである。
メモリーカードは32GBが届いたので交換してみることにする。

退避の手順は本体交換のときにしたのとだいたい同じだが、まずは「トロフィー」を開いてサーバと同期、あとはメモリーカードのバックアップと復元。 バックアップには時間がかかりそうなので、体験版などはPS3で別途ダウンロードして再インストールすることにしてみる。Vitaからは体験版を削除しておく。
PS3は1台実家に置いているので「コンテンツ管理」からそやつのPS3にメモリーカードのデータを「バックアップ」する。システム的なデータも一部バックアップされるようだ。
PS Vitaの電源を切ってメモリーカードを交換、再度「コンテンツ管理」 を開いて「リストア(復元)」をするとだいたい元の状態に戻る。
docomoのネットワークオペレーターからのお知らせ(使用期限など)、右上の各種通知、各ゲームのアクティビティなどは消えてしまうようだ。アプリ毎のGPSの使用許可のような設定も一部なくなったかもしれない。メニュー内のゲームの並びも初期化される。
アクティビティはメモリーカードにデータを保存するタイプのゲームであればメモリーカード交換で消えてしまうようだ。

大容量なのでリトルビッグプラネットなどのPSPゲームも入れておく。ファイナルファンタジーも1のPS版(CD-ROM)を持っていてまだ初期しか遊んでいないような気がするがPSP(DL)版を購入してPSPと同時に起動してみたりを試してみた。ドット的な荒も設定でほとんど目立たずなめらか。


ダウンロードゲームに限ったことになるのかもしれないが、コンテンツ管理ではゲームは本体データごとまるまる退避する形になり、セーブデータなどという単位でコピー、バックアップができない。追加データなどとセーブデータが関連してくるなどのこともあるのだろうが、この点はもう少し改善してもらいたいところである。

また、これに関連してか真・かまいたちの夜はセーブデータを削除できない。他のゲームでもオートセーブなどが主流になっていたり、オートセーブができなくてもセーブデータのコピー・削除はできないのだろう。真・かまいたちの夜はVitaカード(ゲーム用カード)側にセーブする仕様のため、メモリーカードをフォーマットなどすればデータが消えているということも期待できない。

GPSの不調ながらもおもしろそうな噂の「モンスターレーダー」もダウンロードしてみる。GPS他位置情報が取れないのでせめてWi-Fiで位置情報が取れそうな東京に戻って少し試してからVita修理か。nearにも対応しているっぽい。

near対応ゲームはいくつかあるようで、塊魂が猛威をふるっている中に他のゲームのアイテムがちょこちょこ見つかる。