2012年4月2日月曜日

Blu-ray Disc Playerが届いた

Panasonicのテレビなどを使っているのでPS3以外の再生環境もほしくてDMP-BDT320-KをPanasonicのモニター販売で購入してみた。
20,500円指定にしてみたが、2万円を切る値段で落札。お値段的にはポイントもついて時価としては結構お得に買えた気がする。プレーヤー単体でほしい人はあんまりいないからでしょな。

購入動機としては初代PS3の消費電力も気になるので新しいPS3かBlu-ray 3D対応機がほしい、高速化や静音がどこまで進んでいるものかと気にもなるというところ。
選択理由はBlu-ray 3Dに対応している、アナログ系を切ることができる、BDのエンコーダからデコードまでPanasonicだったりするものにはよさそう、録画まではあんまりしないので今回は録画なし。
あとはSonyのSACD対応機もあとから比べてみるとほしかった気もする。
DIGA(DMR-BW930-K)を買ったときは、リアルクロマプロセッサなのとDLNA対応とBlu-rayのBD-Live対応、ビエラリンク(HDMI CEC)、音系(DTS-HD、Dolby TrueHD)の対応というのが購入理由だった気がする。

で、土曜に受け取りDIGAの上にのっけて電源ケーブルとAVアンプ(YAMAHA RX-V567)にHDMIで繋ぐだけ。LANも繋げばなお良し。HDMIケーブルとLANケーブルは別途必要である。
あとはリモコンがDIGAと競合するので設定を変更。メニューから設定手順を進めると本体側も変更してくれる親切設計なんですね。
VIERAのリモコンでもほとんど同じ操作ができるのでどっちのリモコンを使ってもいいが、再生系のボタンは外にある方が使いやすいのでBDT320側のリモコンも使うことにする。DIGAでここまでできてたかな?
メニューは新しい大きいメニューっぽい感じになっていてわかりやすい。DIGAの地味なメニューとは印象も大きく違う。
せっかく高級なアナログ回路も載っているらしいが使わないのでアナログ系を止めてみたりDeep Colorにしてみたり、ひととおり高級な設定をしてみる。アナログハイビジョンはもう載っていないが、どうせHDMI出力しかしないのだからアナログ系は最初からなくてもいいくらいである。アップデートなどは最新機種なので特になかったようだ。
ネットワークではVERAリンク(DLNA)とVIERA Connectに対応しているのだけど、メニュー的にはどっちがどっちなのかわかりにくい。メニューも2画面で納まりそうな構成なのに3画面に分けてしまった理由もわかりにくい。DIGAでは他のところも埋まっているからだったりするのかな? VIERA ConnectはVT3以降のテレビやレコーダーのフル機能には対応しているようでもないのでVT2と共に中途半端に終わらないでいてくれるとうれしいが、どこまで対応してくれるんだろうか。
再生開始はディスクを入れるだけ、ディスクが入っているときは再生ボタンを押すだけでアンプ、テレビまで電源が入り入力もBDT320に切り替わる。DIGAのように待たされることもない。
で、どうですかというと、テレビ購入のときにもらったアバター 3D版を再生してみると見やすい。アバター自体3Dで気になるところはないので他の3D色漏れする作品ではどうなるかわからないけどVT2との組み合わせで改善策はあるのかどうかも気になるところ。
PS3で再生したときと比べてどうなんだかはまだわからないけどx.v.Color、Deep Colorなどに対応している効果なんだろうか。PS3が対応していないわけではないが。3Dの再生は24pなのでHDMIでそのまま24p転送、テレビ側で96pか120pで再生するのだけど、どちらでもVT2ではカメラが動くような場面でカクカクするのは以前から気になるところ。倍速テレビの宿命か。再生機側で120pとかにすれば改善するものなんだろうか。
ドライブの回転音は最初少々気になったが本編再生中は気になることもなかったので抑えられているのか。ディスクを入れると即吸い込んで再生される速さにはびっくりする。DIGAではのらりくらりと再生までぐだくだと待たされていたので。
DVDはアニメモードなどがあるので期待しておくが再生してみたわけではない。PS3比でも期待はできそうである。
音は7.1chまで拡張できるようなのでAVアンプもいいのをそろえてみるといいんじゃないかな。アンプがあるのであんまり手を加えないで今回はビットストリーム出力にしておく。
CD再生ではCDDBを見てくれるわけではなさそうで、音として気になるところはまだ特別これというのはない。HDMI映像出力を消したりテレビの電源を落としてテレビの騒音を少しでも減らしておくことができるのはいい。
BD-Liveのデータ保存にはSDカードが必要なのでDIGAのを入れておけばデータ形式は同じなんだろうか。
高級機か? というと気になった点といえばディスクの動作音(速さが変わるとき?)ぐらいなのでそこがよければ非常にいい機種でしょうね。DIGAのときは電源入れたりした間にHDDか何かが準備する音が気になっていたが、今回はそれほどでもなくという感じ。

DLNAの再生は、LAN HDDからはあまり再生できるものを見つけられず。何か条件がそろっていないんだろうか。PS3 Media Serverならうまいこと変換してくれそうだがPCの騒音は消しておきたい。