2013年11月30日土曜日

Androidにも対応した RICOH THETAの夜

360度撮れるデジタルカメラ RICOH THETA 使ってみています。
24時間ぐらい前の昨日、なんとなくGoogle Playで検索してみたらTHETAのアプリが公開されていたのでそのままAndroidに入れてみましたよ。
AndroidかiPhoneがないと、時計が合わないのでいつまでも適当な時間でしか使えないのでほぼどちらかが必須だと思っておいていいのかも。

操作系本体のみPCAndroidiPhone
OSばぢょんWindows 7/8
Mac 10.6~10.8
4.0以降iOS 6以降
ばぢょん01.101.3.01.0.01.2.0
接続×USBWi-FiWi-Fi
時計あわせ××
ファーム更新×××
シャッター×
露出補正×××
取り込み方法指定×××
GPS×××
閲覧×
Facebook×
Twitter××
たんぶら×××

というわけでAndroid版はまだいろいろできませんね。
  • 時計あわせは自動です。
  • ファームウェアアップデートはPC/Macのみ可能です。
  • PC/Macアプリから撮影やPCへの転送操作はできません。Windowsではマイコンピュータのカメラから手動で
  • Androidでは転送方法の指定ができません。
  • 他の360度表示可能なアプリでも閲覧可能なものがあります。(パノラマ自動判別機能などのないもの)
  • theta360に公開する場合、Facebookアカウントは必須です。
  • FacebookにログインできるブラウザはAndroidに標準で搭載されているものだったりするようです。
  • PC版からのTwitter投稿はツイートボタンと同様で自動ではありません。
  • スマートフォンには縮小して取り込まれるのかも。
  • 上方向を自動判定できるかどうかはWindows/Web/Androidで異なっているようです。
スマートフォンのGPS情報を付加できるそうですが、Android版は謎。未対応っぽいです。
現状気づいたのはこんな感じかもしれません。
倒れるとレンズにダメージがあるようなので立ててリモート撮影する場合には三脚などを用意しましょう。Google+やTwitterに被害らしき様子が何人か見られたり。