2016年3月24日木曜日

Xperia Z4 Tablet Wi-FiモデルがAndroid 6.0になりMDR-NC750対応はいかに

アップグレード通知が来ていたのでそのまま更新してみたところ、1時間程度かかって6.0に更新されているようだ。
OSのアップデート、アプリの再構築、What's newアプリ、開発者サービスの更新と続く。

紹介されている更新内容はバッテリー管理がソニーのものからAndroid 6.0の機能に変更されるのとカメラ機能(ソニー?)の強化の2点のみ。その他はAndroid 6.0準拠の更新なんだろうか。スケッチ(SONY)も更新されているがOSとは関係なさそうだ。
確認したい項目がいくつかあるのでチェックしてみたい。
これまでの不具合だろうと思っているヘッドホンノイズの具合、Sdカードのストレージ統合機能は有効か無効かなどなど。
まずは対応ノイズキャンセリングヘッドホンから。
NC750を接続すると最適化しますか? と出てきた。この設定をあとから変更できるのか謎。設定の「音と通知」、「オーディオ設定」、「サウンドエフェクト」にあるヘッドホン設定「自動最適化」がそれのようだ。
で、ノイズキャンセリングヘッドホン選択アイコンなどは若干変わっている。
一覧を見てみると次のとおり。
  • MDR-NW750N 量販店モデル WALKMAN用ノイズキャンセリングヘッドホン
  • MDR-NC31/NC033/NWNC33/NWN33S WALKMAN用
  • MDR-NC750 (ソニーストア/auのみ Z5用) Xperia用ノイズキャンセリングヘッドセット
  • MDR-NC31E/MDR-NC31EM (ソニーストア/docomoのみ Z2~Z5用)

に対応していた。いきなりのNC750対応に驚くが、Z4 Tabletは96kHzまでの対応なのでそのあたりが増えているのかいないのか謎。音質的にはノイズのりのりの今までのままのようにも聞こえるが、以前ほどノイズまみれになるというわけでもないようだ。ノイズが乗っているとわかるところがまったくないわけではないが。ボリュームを大きくすればやや回避できそうなので音楽のときはそうしてみる。動画等々で耐えられるかどうかは不明。改善はされている。
NW750NとNC750の違いはケーブル長NW750Nが1.1m、NC750が1.0m。あとNC750はグローバル仕様で電圧だか何かが違うのだとか? ハンズフリーマイクとして使えるのもNC750(とNC31EM)のみの対応らしい。
au Xperia ZL2 Android 5.0のヘッドホン最適化とノイズキャンセリング対応一覧もメモしておくので比べてみれば

下記以外のヘッドホン
MDR-NC31/NC033/NWNC33/NWN33S NC対応 ウォークマン用ノイズキャンセリングヘッドホン
MDR-NC31E/NC31EM NC対応 Xperia用ノイズキャンセリングヘッドセット
MH1C
MH410
MH750
MH-EX300AP
STH-30
つづく?