2009年9月17日木曜日

本物が偽物のまねをする?旧Flash検出

FirefoxのFlash旧バージョンを調べる機能は、偽セキュリティ対策ソフト(型広告)が偽ウイルスを見つけたり、偽プラグインをインストールさせようとする行程によく似ている。(どっちもなんとなく強引?)
タイミングを間違えれば偽物も簡単に出てくるだろうし、もう少し区別のできる工夫が必要になってくるかもしれない?
プラグインを使う段階のサイト側でチェックするのもそういう意味では善し悪し?