2009年11月8日日曜日

Windows XP Mode起動

仰々しくセットアップがはじまると、ただのWindows XPのようなものがVirtual PC内で起動した。
そしてWindows Updateがはじまり、再起動を何回か繰り返してみる。
Windows Updateを開いて残りをインストール、マウスホイールを動かすとリロードしてしまう。
IE8は自動更新の対象から意図的に外されているらしい。
CPUは1コア? 100%になったりしても親PC側のCPU利用率はそれほど上がってない。ディスクアクセスもキャッシュの効いてなさがXPっぽい。
Felica/PaSoRiはドライバ入れても仮想環境からは見えないらしい。
インストールしたソフトは親PCのメニューにも登録されるので、仮想PCを終了した状態で実行可能。ということらしい。IE6等は画面内でしか実行できない。

VMware Playerあたりと比べてみようと思ったらメンテナンス中とか出た。